キャンペーン情報 「カゴスマで資料請求してAmazonギフト券を当てよう!

鹿児島ではじめて家を建てる人のための家づくり応援サイト

シンプルな家の特徴は?メリットやデメリットを知っておしゃれなマイホームを建てよう

公開日:2022/07/27 更新日:2022/07/29


マイホームのデザインには、さまざまなテイストがありますが、近年のトレンドのひとつは「シンプル」なデザインの家です。
シンプルな家は、飽きのこないデザイン的な魅力があることに加えて、コストや機能性の面でも多くのメリットがあります。

そこでこの記事では、シンプルな家の特徴や、シンプルな家のメリット・デメリットを詳しく解説します。
シンプルな家を建てる際に知っておきたいポイントも紹介しているので、ぜひマイホームづくりの参考にしてください。


シンプルな家の特徴

シンプルな家といっても、人によってイメージはさまざまです。
そこでまずは、シンプルな家に共通する特徴から、詳しく見ていきましょう。

凹凸が少ない箱型の外観

シンプルな家は、凹凸が少ない箱型形状の外観が主流です。
直線的なフォルムは、まるで美術館のような洗練された雰囲気を演出してくれます。
屋根は箱型の外観とも相性がいい「片流れ屋根」や「陸屋根」を採用しているケースが多く、すっきりとスタイリッシュな印象も特徴的です。

片流れ屋根とは、片側だけに傾斜している屋根のことで、水はけがよく、雨漏りに強い機能的な形状の屋根です。
それに対して陸屋根とは、勾配のないフラットな形状の屋根で、建築スペースが広くなり、また屋上を活用できるといった特徴があります。

黒・白・グレーなど無彩色な外壁カラー

シンプルな家の外壁では、黒や白、グレー、ベージュといった無彩色なカラーが採用されているケースが多く見られます。
これらの外壁カラーは、色の個性が抑えられるため、無駄のない雰囲気を演出できるのです。

また、シンプルな家では、白&グレーや白&ベージュといったツートンカラーの外壁デザインも採用されています。
すっきりとした外観形状だからこそ、ツートンカラーの切り替えが美しく映え、シンプルな中にも個性が光る外観に仕上がります。

素材感を統一した内装

シンプルな家は、内装も素材感を統一して、すっきりとまとめる傾向にあります。
ただし、味気ない雰囲気にならないよう、木材や漆喰といったやさしい風合いの天然素材を組み合わせるなどの工夫が見られます。

装飾は少なめでシンプルな内装ですが、天然素材が持つ独特のあたたかみが、心地よい空間を演出してくれるのです。

無駄の少ない間取り

箱型形状のシンプルな外観に合わせて、室内も各部屋が四角く整った間取りが一般的です。
空間に無駄が少なく、効率的な家事動線をつくりやすいのも、シンプルな家の魅力といえるでしょう。

シンプルな家を建てるメリット

メリット
すっきりとスタイリッシュな雰囲気で、室内の間取りや家事動線も機能的なシンプルな家ですが、そのメリットについて、さらに詳しく見ていきましょう。

普遍的なデザインで流行に流されない

マイホームは、10年、20年と、長きにわたって住み続けることを前提に建てる人が多いものです。
トレンドのデザインを採用すれば、新築当初はおしゃれな雰囲気に感じますが、年月がたつごとに、古臭い印象になってしまう可能性もあります。

シンプルな家は、外観も内装も普遍的なデザインを採用しているため、流行に左右されにくく、長く住んでいても飽きがこないことがメリットです。
適切なメンテナンスをしていれば、年月を経ても古臭い印象になりにくいでしょう。

建築コストを抑えやすい

一般的に、マイホームの建築費用は、家の外周に凹凸が増えるほど高くなります。

しかし、シンプルな家は凹凸が少なく、箱型形状の外観が主流です。
そのため、材料の加工や組み立て作業も効率的で、華美な装飾も少ないため、全体として建築費用が抑えやすいといえます。

さまざまなインテリアとあわせられる

シンプルな家は、外観・内装ともにフラットなテイストに仕上がっているため、どんなインテリアとも相性が良いのがメリットです。
合わせるインテリアのデザインによって、手軽に室内の雰囲気を変えられます。

マイホームで長く暮らす間に、デザインの好みやトレンドが変化することもあるでしょう。
そのような場合でも、シンプルな家ならインテリアを変えるだけで、その時の好みに合わせた住まいにカスタマイズできるのです。

メンテナンスがしやすい

シンプルな家は、凹凸が少ない外観のため、外壁塗装などのメンテナンスがやりやすいのもメリットのひとつです。
また、室内も整った間取りになっているので、日々の掃除も効率的にでき、快適な住まいを保てるでしょう。

売却しやすい

長く住んでいる間に、ライフスタイルが変化して、マイホームを手放さなければならないケースもあります。
その場合でも、幅広い世代に人気のあるシンプルな家であれば、買い手がつきやすいものです。
また、賃貸住宅として活用する場合も、シンプルな家は使い勝手が良く万人受けするため、比較的早く借り手がつきやすいのもメリットです。

シンプルな家を建てるデメリットと対策

デメリット
デザインやコスト面など、さまざまなメリットがあるシンプルな家ですが、実はシンプルな家を建てる際には注意しておきたいデメリットがあります。
ここからは、シンプルな家のデメリットと、その対策法について解説します。

陸屋根の場合は、雨漏りの可能性もある

シンプルな家で多く採用されている「陸屋根」の場合、外壁に直射日光が当たりやすく、紫外線による外壁の劣化が懸念されます。
また、陸屋根は雨水が溜まりやすく、雨漏りの原因になってしまうこともあるのです。

シンプルな家で、陸屋根を採用する場合は、紫外線に強い外壁塗装を行ったり、屋根部分に防水加工を施したりといった対策が必要です。

白い外壁は汚れが目立つ可能性もある

白は、シンプルな家のすっきりとした魅力を引き立ててくれる外壁カラーですが、汚れや劣化が目立ちやすいというデメリットもあります。

白系の外壁カラーを選ぶ場合は、定期的なメンテナンスで外壁の汚れ対策を行うことを想定しておきましょう。
オフホワイトやホワイトベージュといった汚れや劣化が目立ちにくい色味を選択するのも方法のひとつです。

シンプルな家を建てる際のポイント

ここからは、快適に暮らしやすいシンプルな家を建てるためのポイントを紹介します。
シンプルな家のメリット・デメリットと合わせてチェックしておきましょう。

機能性にかかわる部分にはこだわる

快適で安心できる暮らしを実現するためには、住まいの耐震性と断熱性にこだわることが大切です。

外観や内装、間取りがシンプルでも、家を支える壁や柱の強度はしっかり確保しておきましょう。
また、壁や開口部の断熱性を高めることで、イニシャルコストは上がるものの、暮らし始めてからの日々の光熱費を削減できます。

長く住む家だからこそ、機能性にかかわる部分にはとことんこだわることが重要です。

可変性のある間取りを取り入れる

年月とともに、子どもが生まれて家族が増える、子どもが巣立ち夫婦だけの暮らしになる、など家族構成が変化することもあります。
家族構成やライフスタイルの変化に応じて、必要な間取りや部屋数は変わっていきます。

整った間取りが特徴のシンプルな家でも、稼働間仕切りなどを設置して、可変性のある間取りを設計しておくのがおすすめです。

1階と2階の柱や壁の位置をそろえる

凹凸が少なく、箱型形状のシンプルな家には、1階と2階の柱や壁の位置をそろえた総二階の構造が適しています。

総二階の構造であれば、外観や間取りがシンプルになるだけではなく、住まいの耐震性を高めることができます。
1階と2階の面積が同じため、最も経済的に延べ床面積を確保でき、さらに建築コストも抑えやすくなります。

鹿児島でシンプルな家を建てられるハウスメーカー工務店

ここからは、鹿児島でシンプルな家を建てられるハウスメーカーや工務店を紹介します。各社の特徴を解説しているので、ぜひ住まいづくりの参考にしてください。

クラシックホーム

クラシックホーム
「自分らしく」「好き」にこだわって暮らせる住まいを提供しているクラシックホームさんは、注文住宅と建売住宅の良いところを組み合わせた家づくりを得意としています。

洗練されたデザインや、標準仕様となる「塗り壁」、やさしい手触りの「無垢材のドア」など、シンプルな中にも個性が光るマイホームを実現してくれるハウスメーカーです。

クラシックホームについて詳しく知る

会社情報を見る

資料請求

デイジャストハウス

デイジャストハウス 国分ハウジンググループ
「シンプルなのに、飽きがこない」「さわやかなのに、洗練されている」そよ風のように心地よく、健やかな毎日を楽しめるマイホームをデザインするデイジャストハウスさん。

徹底的に低コストの規格型注文住宅を手がけており、外観デザインもシンプルでナチュラルな上質感を追求しています。

デイジャストハウスについて詳しく知る

会社情報を見る

資料請求

トータルハウジング

トータルハウジング
耐震性や耐火性などに優れた2×4(ツーバイフォー)工法を取り入れながら、そこに住まう人の健康を考え、生活スタイルに対応した家づくりを提案しているトータルハウジングさん。

シンプルでありながら、モダンな印象の平屋を得意としており、生活しやすいおしゃれなマイホームを叶えてくれます。

トータルハウジングについて詳しく知る

会社情報を見る

資料請求

まとめ

普遍的なデザインで、長年住み続けていても飽きがこないシンプルな家は、コストや住みやすさの面でもメリットが多い住宅です。
何らかの理由で手放さなければならない場合でも、幅広い世代に人気のシンプルな家であれば、買い手や借り手がつきやすいのも安心できるポイントです。

シンプルな家では、フラットな陸屋根や清潔感のある白い外壁カラーが選ばれがちですが、それぞれに注意しておくべきポイントがあることを覚えておきましょう。
また快適な住まいを実現するためには、耐震性と断熱性といった機能にはこだわり、可変性のある間取りも検討することが大切です。

シンプルな家を建てたいとお考えの方は、まずはハウスメーカーや工務店のカタログをチェックして、各社の特徴を見てみることから始めてはいかがでしょうか。

カゴスマ 編集部

カゴスマ編集部です。鹿児島で新築マイホームを夢みる人と鹿児島の家づくりのプロをつなげるために日々更新中!

ホームページ:https://kagosma.jp/

鹿児島でおすすめの工務店・ハウスメーカーに

まとめて資料請求 (無料)

このページを見た人はこんなページも見ています

エリアから鹿児島の工務店・ハウスメーカーを探す

こだわりから鹿児島の工務店・ハウスメーカーを探す