キャンペーン情報 「カゴスマで資料請求してAmazonギフト券を当てよう!

鹿児島ではじめて家を建てる人のための家づくり応援サイト

注文住宅の後悔と失敗事例ランキング!回避するための対策ポイントを紹介

公開日:2021/11/25 更新日:2021/11/25

注文住宅の後悔と失敗事例ランキングを紹介。
注文住宅を実際に建てた人の中で多い問題点と対策ポイントについて解説します。

間取りや内装、外観、設備などを施主の希望に合わせて自由に設計できる注文住宅。

憧れのマイホームを実現できる注文住宅ですが、自由度が高いからこそ思わぬところで失敗してしまい、後悔が残ることも少なくありません。
そこでこの記事では、注文住宅で多く見られる失敗事例と、後悔しないための対策方法を具体的にご紹介します。

理想の住まいを手に入れたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

 

注文住宅の後悔と失敗事例ランキング

注文住宅での家づくりは、人生で何度も経験することではありません。
そのため多くの人は、初めての家づくりに頭を悩ませることもあるでしょう。
そこで知っておきたいのが、注文住宅に多くみられる失敗事例です。

ここからは間取りや収納、デザインなど注文住宅で見られる失敗事例を紹介します。
失敗の原因や対策法も解説しているので、ぜひあなたの家づくりに活かしてください。

間取りについての注文住宅の後悔と失敗

注文住宅の間取りについての失敗事例を紹介。
また失敗して後悔しないための対策ポイントを確認しましょう。

部屋数が多すぎて子供が独立後、部屋が余ってしまった

子供たちに1人部屋を持たせてあげたい、自分自身も書斎やプライベートな空間が欲しい、などの希望から注文住宅では部屋数が多くなりがちです。
しかし子供たちが独立して家を出たあと、子供部屋が余ってしまい空間を効率的に使えなくなってしまうこともあります。

対策ポイント

間取りは長期的な家族構成やライフスタイルの変化を考慮して検討しましょう。
また子供部屋を作る際は、可動式間仕切りなどを設置して、後々手軽に間取りを変更できるようにするのもおすすめです。
 

オープンキッチンにしたらリビングまでニオイが充満

家族とのコミュニケーションがとりやすいLDKは人気の間取りですが、オープンキッチンを選んで失敗してしまうことも。
開放感がありデザインも洗練されているオープンキッチンですが、ニオイや油汚れがダイニングやリビングにまで広がってしまうというデメリットがあります。

対策ポイント

オープンキッチンの間取りを採用する場合は、コンロ前には壁をつける、機能性の高い換気扇を設置する、シンク周りには腰壁をつける、などニオイや汚れの対策を考えましょう。
 

憧れの中庭を作ったら生活導線の妨げになってしまった

リビングからの景観を楽しめる中庭ですが、土地の大きさによっては、中庭を作ると居住空間が狭くなったり、生活導線を妨げたりすることもあります。

対策ポイント

例えば1階の中央に中庭を作ると、室内を移動する際にグルっと1周まわる形になります。
中庭を突っ切ればショートカットできるイメージがあるかもしれませんが、窓を開けて靴を履き、再び靴を脱いで窓を開ける、という動作は意外と面倒くさく、特に雨の日は不便を感じるでしょう。
中庭を作る際は、土地の広さと実際の生活導線を意識することが重要です。
 

収納についての注文住宅の後悔と失敗

収納の少なさも、注文住宅の失敗事例として多く上がります。
居住空間を広く取ることを優先して収納を少なくしてしまうと、後々収納が足りなくなり、結局収納家具を置いて室内が狭くなってしまいます。

特にお風呂の脱衣所や洗面所などの水廻り、リビングなどの家族が集まる空間には、多めに収納を用意しておくことがおすすめです。

対策ポイント

各部屋で使用するものや収納したいものを事前に書き出して、収納が必要な場所と空間(収納の高さ、幅、奥行き)を把握しましょう。
 

暑さや寒さについての注文住宅の後悔と失敗

暮らし始めて気づく暑さや寒さに関する失敗事例も少なくありません。

リビング階段や吹き抜けを作ったら冷暖房効率が悪かった

リビング階段や吹き抜けのある家は、開放感がありデザイン性にも優れています。
しかしリビングの空気が2階まで抜けていくため、冷暖房効率が悪くなるというデメリットもあります。
またリビングに大きな窓を取り入れた場合も、冷暖房効率が落ちてしまいます。

対策ポイント

快適な温度で生活できる家づくりでは、まずは断熱性能や気密性能にこだわることが大切です。
さらに吹き抜けやリビング階段を作った場合は、間仕切りやロールスクリーンなどの取り付けを検討しましょう。
 

床暖房を入れたけれど、あまり使わなかった

床暖房はエアコンよりも光熱費がかかり、また温まるまでに時間がかかります。
そのため手っ取り早く室内が暖まるエアコンの使用が多くなり、せっかく入れた床暖房を使わなくなったという失敗談も。

対策ポイント

実は断熱性能や気密性能が高い家なら、床暖房の必要性はそれほど高くありません。
床暖房を採用する場合は「足元が冷えやすいキッチンだけ」など必要な場所の見極めが重要です。
 

オプションについての注文住宅の後悔と失敗

注文住宅は自分の理想をカタチにできる家づくりです。
そのため「こんな設備もプラスしたい」「床や壁の素材にはこだわりたい」と、要望を詰め込んでいると想像以上に予算オーバーしてしまうことも少なくありません。

例えばオプションの失敗談として多くあがるのは「浴室テレビ」です。

「ゆっくりお風呂に入りながらテレビを楽しみたい」と思って追加したオプションでも、数年後に子供が生まれ家族が増えると、お風呂でテレビを見る時間もなくなり結局使わなくなってしまった、という声もあります。

対策ポイント

オプションを選ぶ際は、全体の予算と共に将来的な目線で吟味していくことが大切です。
 

屋外スペースについての注文住宅の後悔と失敗

意外と見落としがちな屋外スペースですが、ここにも失敗事例は潜んでいます。

屋上やウッドデッキが活用されていない

アウトドアスペースをイメージして設計した屋上やウッドデッキですが、実際に住み始めてみたら「通りや隣の家から丸見え」などの理由で活用できなかったケースもあります。
また屋上やウッドデッキは雨風にさらされるため「あっという間に劣化してしまった」などの失敗事例も。

対策ポイント

屋外の活動スペースを作る際は、目隠しフェンスを用意するなどのプライバシー対策を取りましょう。また耐久性、対候性の高い素材を使用して、定期的なメンテナンス費用も視野に入れておくことが重要です。
 

車庫が狭すぎて車が入らない、出し入れが難しい

土地の広さや形によっては、駐車スペースに使える面積が限られることもあります。
ギリギリのスペースに駐車場を作ってしまうと「車は入ったがドアが開けられない」「出し入れが難しい」「車の買い替えの際に車種が限られる」といった悩みも出てきます。

また1階を車庫にするビルトインガレージは、空間を効率的に使える反面、予算がオーバーしたり居住空間が狭くなったりするケースも。

対策ポイント

駐車場は車の乗り降りや出し入れを考慮して設計し、またビルトインガレージを採用する際はリビングを2階や3階にするなど間取りの工夫も必要です。
 

デザインについての注文住宅の後悔と失敗

長年住み続けるマイホーム。できることならおしゃれで満足のいくデザインを追求したいものです。
ここでは外観や内観デザインについての失敗事例を見ていきましょう。

色見本だけで選んだ外壁で失敗

外壁のカラーを選ぶ際は、まずは小さな色見本を使います。
注意しておきたいことは、色は面積によって見え方が変わることです。
例えば外壁であれば太陽光の当たり方によっても色の印象が変わります。
小さな色見本だけで外壁のカラーを決定してしまうと、実際に仕上がった際に「イメージと違った!」など後悔してしまうことも。

対策ポイント

外壁のカラーを決める際は、大きめの色見本を取り寄せて、屋外の太陽光の下で色味を確認しましょう。
 

おしゃれなデザインの壁紙を選んだのに、すぐに傷だらけに

室内の印象を決める壁紙ですが、シンプルなものからデザイン性の高いものまで、さまざまなタイプがそろっています。
しかしおしゃれなデザインの壁紙を選んだのに「リビングで子供やペットが遊んでいて、あっという間に傷だらけになってしまった!」なんて経験をした人もいます。

対策ポイント

家族が長時間過ごすリビングは、デザイン性に加えて傷のつきにくさやメンテナンスのしやすさなども考慮して選びましょう。
またトイレや脱衣所などの水回りには、防水・消臭などの機能性を高い壁紙を選ぶのがおすすめです。
 

細かい部分についての注文住宅の後悔と失敗

新しい住まいで生活を始めてみると、意外と気になるのがコンセントの数や場所です。
細かい部分ですが、コンセントの位置によって家電の配置や配線が変わってしまい、使い勝手が悪くなることもあります。

対策ポイント

設計の際には各部屋で使用する家電をリストアップし、さらに間取り図に家電を配置してみて、具体的なイメージをもとにコンセントの数や場所を決めましょう。
 

風通しや日当たりについての注文住宅の後悔と失敗

快適な暮らしをするうえで、室内の風通しや日当たりは重要なポイントになります。

窓の位置や大きさで失敗

リビングの窓の位置が悪く「日中でも室内が暗く、1日中照明をつけている」という失敗は多く見られます。
またリビングに大きな窓を設置したら「西日がまぶしすぎた」という失敗事例もあります。
さらに通りに面したリビングでは、外からの視線も気になるでしょう。

対策ポイント

日中は照明をつけなくても、自然な明るさが確保できる窓の位置と大きさが理想的です。
 

風の通り道がなく、室内に空気がこもる

採光や間取りを優先して窓の位置を考えていたら「風通しが悪くなってしまった」というケースもあります。
風通しが悪いと室内に湿気がこもり、カビが生えやすくなってしまいます。
またウイルス対策の面でも、風通しの良さは重要なポイントです。

対策ポイント

窓の位置を考えるときは、風の入り口と出口が対面するような配置が理想的です。
採光や間取りに加えて、家全体の風の通り道を意識しましょう。
 

音についての注文住宅の後悔と失敗

生活音に関する失敗は、住み始めてから気づくことが多いでしょう。
特に注意したいのがトイレの場所です。

トイレの音で夜中に目が覚める

寝室の横や真上にトイレがあると、夜家族がトイレを使用するたびに、水流音やドアの開け閉めの音が気になって目が覚めてしまう人も少なくありません。
またリビングに隣接したトイレは、使用中にリビングに音が漏れてしまうのを気にする人もいるでしょう。

対策ポイント

トイレは寝室や人が集まる居室から少し離れた場所や、玄関からリビングまでの間などに作るのがおすすめです。
 

二世帯住宅で各世帯の生活音が気になる

二世帯住宅では親世帯と子世帯の生活スタイルが異なることが多く、それぞれの生活音が気になる人もいます。
例えば孫が乳幼児のころは、祖父母は夜泣きや走り回る音が気になって「1日中ゆっくり休めない」と悩むことも。
反対に祖父母が早朝から活動しているので「孫が朝早くから目覚めてしまう」と悩む方もいます。

対策ポイント

二世帯住宅では、間取りを工夫するとともに、遮音性・防音性の高い部材を使用して、家自体の防音性能を高めることが重要です。
 

予算や資金についての注文住宅の後悔と失敗

自分の理想をカタチにできる注文住宅では「妥協したくない!」とさまざまな設備やオプションを盛り込みがちです。
もちろんイメージ通りの住まいに仕上がることもありますが、その分費用がかかり予算オーバーに頭を悩ませる人も。

例えば前述した床暖房を入れると、初期費用も高くなりますが、使用時の光熱費もエアコンよりも高くなるでしょう。
さらに床暖房は定期的なメンテナンスが必要なため、メンテナンス費用も発生します。

また家を建てる際に発生するのは、建築費用だけではありません。
土地購入にかかわる費用や税金はもちろん、水道管・ガス管などの引き込み工事や地盤調査などの付帯工事費用も発生します。

対策ポイント

予算や資金で失敗しないためにも、必要な設備やオプションを見極めると同時に、全体の費用を把握して現実的な資金計画を立てましょう。
 

注文住宅で後悔しないためのポイントを紹介

マイホームは人生で何度も建てるものではなく、多くの人は初めての注文住宅づくりに戸惑うことも多いでしょう。
そこでここからは、ご紹介した失敗事例をもとに、住まいづくりで後悔しないための5つのポイントを解説します。

理想の注文住宅のイメージを持ち、自分にピッタリの間取りをつくってもらう

まずは自分たちのライフスタイルや家族構成に適した住まいのイメージを具体的にしましょう。

もちろん、いきなり間取りを考える必要はありません。
例えば「家族が自然と集まるリビングが欲しい」「ペットと快適に暮らせる住まいにしたい」「老後も安心して過ごせる家づくりにしたい」など、家のコンセプトとなるようなイメージから考えましょう。

家のコンセプトが決まったら、コンセプトを実現できる間取りや設備をハウスメーカーや工務店と相談しながら考えていきます。
家のコンセプトは設備やオプションを考えるうえでも取捨選択する判断基準になります。
予算内で理想のマイホームを実現するためにも、まずは住まいのイメージを固めましょう。

イメージをもつために、注文住宅について勉強する

住まいのイメージをより具体的にするには、注文住宅についての基礎知識を知っておくことが大切です。
建築の専門知識までは必要ありませんが、家づくりの知識が全くないと、ハウスメーカーや工務店主導の家づくりになってしまい、完成してから「イメージと違った」と後悔する可能性もあります。

例えば基本的な家の構造や建築方法の名前を知っているだけでも打合せがスムーズになり、こちらのイメージを伝えやすくなります。
注文住宅について勉強する際は、インターネットや住宅関連の本や雑誌を活用するのが手軽です。
ただし偏った情報にならないためにも、複数のサイトや書籍に目を通して、いろいろな考え方があることを知っておきましょう。

また住宅展示場やモデルハウスを訪れるのも有効な方法です。
住宅展示場やモデルハウスでは、実際の建物のイメージや設備、オプションの使い勝手などを確認できます。またそれぞれのメーカーの特徴を知ることもできるので、依頼する住宅会社を選び際にも役立ちます。

資金計画で予算を明確にし、オプションを慎重に選ぶ

注文住宅でありがちな失敗に、予算をオーバーしてしまうことがあげられますが、家づくりの初期段階から資金計画を立てておくことが重要です。
住宅ローンを組む場合は、将来的な家計の変化も見据えた現実的な返済シミュレーションを立てましょう。

資金計画を立てる際は、不動産会社やハウスメーカー、工務店が行う「資金計画セミナー」を活用するのもおすすめです。
資金計画セミナーでは、家づくりにかかわるお金のことが相談でき、住宅ローンの返済プランの提案や世帯年収から見る住宅購入のタイミングなどがわかります。

理想の家を建ててくれる住宅会社を選ぶ

注文住宅は、どの会社に依頼するかも重要なポイントです。
自由に設計できる注文住宅だからこそ、各メーカーには個性があります。
自分のイメージする住まいにぴったりのハウスメーカーや工務店を選ぶためには、各社の特徴や強みを事前にリサーチしておくことが大切です。

住宅会社を調べる際は、まずは各社の資料請求を行いましょう。
資料を読み込んで、イメージに合う会社があれば住宅展示場やモデルハウスの見学を予約して、担当者から具体的な話を聞くのがおすすめです。

納得できるまで打ち合わせをし、質問や相談をする

マイホームは人生においても大きな買い物です。
家づくりを依頼する会社との打ち合わせでは、妥協せずに納得できるまで話し合いましょう。
気になることやわからないことは持ち帰らず、打合せの場で担当者に質問します。
また「今更遅いかな」「これはさすがに無理だろう」など自己判断せず、実現したいことはどんどん担当者に相談しましょう。

まとめ

自分の理想の住まいづくりができる注文住宅ですが、自由度が高い分だけ失敗する可能性もあります。大切なマイホームに後悔を残さないためにも、まずは注文住宅で起こりやすい失敗事例を学び、対策方法を頭に入れておきましょう。

また注文住宅での失敗を避けるためには、最初に実現したい家のイメージを明確にすることが大切です。インターネットや住宅関連の書籍を活用して、積極的に家づくりの知識を学ぶことをおすすめします。

さらに注文住宅を成功に導くためには、パートナーとなるハウスメーカーや工務店選びがカギになります。まずは各社の資料請求を行い、自分のイメージにぴったりの会社を探しましょう。

カゴスマ 編集部

カゴスマ編集部です。鹿児島で新築マイホームを夢みる人と鹿児島の家づくりのプロをつなげるために日々更新中!

ホームページ:https://kagosma.jp/

鹿児島でおすすめの工務店・ハウスメーカーに

まとめて資料請求 (無料)

このページを見た人はこんなページも見ています

エリアから鹿児島の工務店・ハウスメーカーを探す

こだわりから鹿児島の工務店・ハウスメーカーを探す