キャンペーン情報 「カゴスマで資料請求してAmazonギフト券を当てよう!

鹿児島ではじめて家を建てる人のための家づくり応援サイト

長い年月を経た味わい深い古道具と共存する「桜島を臨む土間と畳の家」

東に向かって、桜島がよく見える。
その魅力をいかすため、小上がりの畳リビングに。
少し高い位置から景色を見晴らせる。

キッチン・ダイニングは土間で仕上げた。
その力強さは、雄々しき桜島の姿とも呼応する。

古道具の小棚を愛用するご夫婦。
古道具には長い年月を経た味わいがある。
土間も、長い年月、住まい手に寄り添う素材である。
この2つがよく馴染み、共存する姿を想像した。

この家の吹き抜け部分には高窓があり南東からの陽光を受け取る。
その光は、漆喰の白壁に反射しながら1階に降りてくる。
柔らかい反射光と、硬質な土間のコントラストがまた、良い。

「柔」と「硬」
時を「経たもの」、「これから経るもの」
相反するものが、住まいの中で共鳴をはじめる。

引用:ベガハウス 桜島を臨む土間と畳の家

ベガハウスの資料はこちらから

資料請求【無料】

ベガハウスさんの家づくりについて詳しく知りたい方は資料請求がおすすめです。間取りや価格や事例などベガハウスさんの資料でチェックしてみましょう。

長い年月を経た味わい深い古道具と共存する「桜島を臨む土間と畳の家」について

施工会社
ベガハウス
建物の規模
2階建て
延床面積
67.9㎡(20.54坪)
土地面積
214.89㎡(65坪)

ベガハウスの資料はこちらから

資料請求【無料】

※ベガハウスさんの最新の建築実例は、ベガハウスさんの公式サイトにてご覧ください。

ベガハウスの注文住宅・新築一戸建て建築事例

テーマから建築事例を探す

エリアから建築事例を探す

部屋タイプから建築事例を探す