キャンペーン情報 「カゴスマで資料請求してAmazonギフト券を当てよう!

鹿児島ではじめて家を建てる人のための家づくり応援サイト

住宅街の狭小地24坪に家族の暮らしを盛り込んだ「緑の壁を望む家」

住宅街の狭小地24坪に家族の暮らしを盛り込んだ「緑の壁を望む家」

住宅街の狭小地。
土地の規模と容積率の関係から、延べ床面積は約24坪が最大。
その中に家族の暮らしを盛り込んでいく。

窓の外に何を見るか。
東側の光を家に取り込む。
前面道路からの視線を受けずに暮らす。
それらを考えると2階リビングが相応しい。

敷地東側は斜面。カズラなどの植物が自生し、まさに「緑の壁」。
これ幸いと、借景に利用した。

南側は更地だが、家が立つ可能性が高い。
南からの光は、天窓からダイニングに取り込んだ。

リビングは一段下がりのカーペット敷。段差に腰掛けたり、ごろりと寝転んだり。

バルコニーには木製横格子。
前面道路からの視線を遮る。

精神的なゆとりを大切に団欒の時間が生まれる家となった。

引用:ベガハウス 緑の壁を望む家

住宅街の狭小地24坪に家族の暮らしを盛り込んだ「緑の壁を望む家」について

施工会社
ベガハウス
建物の規模
2階建て
延床面積
82.17㎡ (24.86坪)
土地面積
103㎡ (31.1坪)

※ベガハウスさんの最新の建築実例は、ベガハウスさんの公式サイトにてご覧ください。

ベガハウスの注文住宅・新築一戸建て建築事例

テーマから建築事例を探す

エリアから建築事例を探す

部屋タイプから建築事例を探す