鹿児島ではじめて家を建てる人のための家づくり応援サイト

一生に一度の家づくり!失敗しない住宅建築3つのコツ

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_m

「家を建てよう」と思ったのに、何をしたらいいのかわからない。
「家を買いたい」と思っても、何から始めたらいいのかわからない。

それは、だれもがぶつかる最初の疑問です。

家族や友達などいろいろな人からの経験談を聞いても、家づくりには十人十色の意見が存在します。その意見が、参考になることもあれば、逆に振り回されて失敗してしまうということもあります。

家づくりの失敗を減らすには、正しい知識を得ることによって回避することができます。
そこで今回は、一生に一度の家づくりで後悔しない3つのコツをご紹介します。

●失敗の原因は、現物を見ていないことが多い

家づくりで一番多い失敗の原因は、「思っていたイメージと違う」というものです。

着工するまでに、図面だけの打ち合わせで何ヶ月も担当者との話し合いが続きます。

「よし!この設備だ!!」と、決めたあと

いざ施工してみると、「あれ?なんかイメージとちがう・・・・」
となることがよくあります。

そこで「やっぱりここを交換したい!」というのは簡単ですが、そのぶんお金もかかります。
ほとんどの場合、一旦施工・設置してしまったものは返品できないからです。
つまり、「どうしても交換したい!」とならないためにも現物を自分の目で見ることがとても大事です。

「家」とは、一生に一度の買い物です。
失敗は絶対に避けたいと思いませんか?

そこで、オススメなのが住宅見学会です。

住宅見学会では、様々なハウスメーカーや工務店が集い、実際に建てられている家を見学することができます。土日であれば、イベントも多く行われており、お子様同伴でも退屈せずに見て回ることが可能です。

なにより、各種メーカーが一同に集まっていますので、自分の考えにあった住宅メーカーを見つけやすい場所でもあります。住宅建築を考えた時、素材を実際に見る・触るということは、非常に大切です。

ただ、住宅見学会では、沢山のものを一度に見るため、忘れてしまいます。
そのため、見学して気になった個所は、必ず写真を撮っておきましょう。
また、その時感じた印象など、メモしておくことも大切です。

メモには、触った感じ、色の印象などを書いておくことがオススメです。

資料などは、好き・嫌い関係なく全部貰って帰る位の気持ちで問題ありません。

「家を建てる」というイベントは、最初から最後まで妥協しない戦いといっても過言ではありません。
一生に一度の買い物です。
実際のものを見ずに決めてしまうのは、失敗に繋がる原因となる可能性が高くなります。
失敗を減らすために、鹿児島でも定期的に開催されている住宅見学会を活用しましょう。

リンク:鹿児島の住宅見学会イベント情報

●誰もがおちいる失敗?!を知っておくこと

be97e72555088b6cf4d50b7ece23c5c1_m

新築の住宅建築において、失敗箇所は必ずあるのが普通だという人がいます。

しかし、それは間違いです。

家を建てる時の失敗は、失敗しないコツをあらかじめ知っておくことで防ぐことができるのです。

失敗したと感じた事例とは?

・「今しか見ていない間取り」で失敗!

「今しか見ていない間取り」は、将来的な失敗の原因となります。

・細かく間取りとったことで部屋の数だけエアコンが必要になり、光熱費が増える失敗。
・子供が巣立つと使わない部屋ばかりが増え、ひとつの部屋の狭さが目立つ失敗。
・若い頃は良かったものの年を取ると使い勝手が悪くなり、リフォームが必要になる失敗。

こういった失敗は、家族の変化に対応できていない間取りに原因があります。
今だけではなく、将来的にはどういった過ごし方を希望するのかという点もよく考えておきましょう。

・収納スペースが少なくて荷物が入らなかった!

居住スペースを確保するため、収納を最小限にしたことによって発生する失敗です。
収納スペースは、現在よりも増やさなければ、確実に荷物は入りません。
便利そうに感じるウォークインクローゼットも、意外と収納力が低いのです。

・計画していた予算を大幅に超えてしまった!

一番やってはいけない失敗は、予算オーバーです。
予算は計画的に使用しなければ、引っ越しする代金がないといったことにもなりかねません。
最終的な予算調整の際、リフォーム対応できるものは諦めるなどの対策が必要です。
もし、大幅に予算を超えた状態で建築してしまった場合、経済的負担が重くのしかかります。

・本当はしたいことがあったが、面倒くさくなってやめてしまった。

家を建てる話し合いの最中、膨大な量の事柄に対し、どれにするか決めてくださいといわれます。畳のへりひとつにしても、何十種類もある中から柄を選ばなければなりません。
その中で「面倒くさくなった」という人が、完成後、失敗したと口をそろえて言います。
そのため、「面倒くさくなるほど疲れないコツ」を知っておくことは、最も重要です。
失敗しないコツを知っているだけで、住宅建築という大きなターニングポイントに対する自分への負担も軽減できます。

●失敗しないための答えが本には書いてある!

失敗しないためにはまず本を読んで知識をつけるというのも1つの手です。

・家族にあう間取りの作り方の本
・家づくりにかかるお金のことがわかる本
・地震につよい家の建て方の本
・家のデザインや施工事例がのっている本

失敗例を解決する本が1,000円〜2000円前後で本屋に売られています。

しかし、あれもこれもと本を集めていくと、高価な出費に繋がってしまいます。

ですがお金のかからない裏技があります。

(裏技というよりは家づくりを始めた人がはほぼ通る道だと思います。

それは、ハウスメーカーや工務店の資料請求をすることです。

ハウスメーカーや工務店の資料請求でもらえる資料には、家づくりのスケジュールやお金のことなど失敗しないためのコツがしっかりと記載されています。

実際に資料請求してみたらオシャレな本が届きました!

私が実際にいただいた資料です。(トータルハウジングとヤマサハウス)

トータルハウジングとヤマサハウス

この資料に家づくりのスケージュールだったり、

家づくりスケジュール

内装や施工事例などものっています。

内装

本屋さんで買う前に、無料で貰える資料請求をうまく利用することがオススメです。

●資料請求をする最適なタイミングは?

家が少しでも気になりだりどんな家があるのか見たくなったら、それは資料請求をする最適なタイミングです。

色々見て回る前に頭に入れておく知識として、無料で取り寄せ可能な資料請求を使い、あらゆる方面からの意見や知識を学ぶことも大切です。

一生に一度の、「家を建てる」というビッグイベントです。絶対に、失敗できません。
「何でこんな家を建ててしまったんだ!」と後悔をしないために、まずは資料請求をして知識を高めてみましょう!

ハウスメーカーや工務店の資料請求はカゴスマのページからすることができます。

リンク:カゴスマの無料資料請求はこちらから